美術分野卒業生・Uターン生の
就職先創出

大宰府市 産業振興課

課題の背景

・本市では芸術科(美術専攻・書道専攻)、デザイン科(デザイン・イラストコース)を要する高等学校があり、学んだことを生かせる卒業生の就職先や経験を積んでUターンした際に、能力を生かせる企業が太宰府市にほしいとの現場の声が寄せられている。

・現状こういった生徒の受け座となる企業がなく(もしかしたらあるが、把握できていない)、他自治体に貴重な人材が流出してしまっている。

・芸術科、デザイン科といった美術分野の卒業生の受け入れ先として、アニメ産業が親和性が高いのではないかと庁内では意見が出ている。

・サテライトオフィス補助金を設け、企業誘致に努めている。

大宰府市 産業振興課

課題解決によって達成したいこと

美術分野卒業生が高校で学んだことを生かしたり、一度は太宰府を離れ、経験したことを活かせる、企業の誘致を達成したい。

課題解決に当たってのハードル

・空き家や公共施設の空きスペースは把握しているが、誘致する企業のニーズに合うかが不明である。
・誘致するために、どういった補助制度が有効なのかわからず、予算の確保および制度設計ができていない。

どのような施策・計画に基づく課題か

太宰府市まち・ひと・しごと創生総合戦略(まちづくりビジョン)(第2期)

課題解決に向けて提供できる自治体リソース

・サテライトオフィス補助金

課題解決に向けて想定する活用制度・予算

特になし

その他協業に向けての留意事項など

・まずは小さく始めて、大きく育てていくことを想定しています。

footer.php